ブラックリストに載ったらカードは作れるか

キャッシングベスト3

ブラックリストに載ったらクレジットカードはもう作れないか

私は50歳のサラリーマンで以前にカードローンを利用していたのですが、そのころ何回か返済の遅延などを起こしたために現在では利用できなくなっています。
もう10年以上もたっていますが、新たにカードローンを利用することは可能でしょうか。返済の遅延など利用できなくなった者は金融業界のブラックリストに載り利用できなくなるという噂を耳にしますが本当でしょうか。

ブラックリストに載っても時間が経てばローンの利用も不可能ではない

クレジットカードやカードローンなどの返済で何回も遅延したりするとブラックリストに名前が載るというような状態になり、クレジットカードなどが利用できなることもあります。しかし、一旦ブラックリストに乗ったからといって永久に利用できないわけではなく、一定の期間を経て信用状況が改善しているなら利用できるようになることもあるのです。

そもそも人の名前が書きこまれた一覧表のようなブラックリストというものは存在しません。クレジットカードなどを利用するにあたって発生する、現在の借入額、借入履歴、返済履歴、遅延履歴などの取引情報は、個人信用情報機関に集約され管理されています。この個人信用情報機関の会員になっている金融機関は、クレジットカードなどを利用する個人の信用情報を閲覧することができ、カードローンの審査などの判定に利用しています。

もし利用者がカードローンの返済なで一定期間遅延したり、何か月も連続で遅延したりすると、それは事故情報として個人信用情報機関に登録されることになります。この事故情報を金融業界ではブッラク情報として扱い、そのブラック情報をもっている個人をブラックリストに載った人というような認識していますが、現実的にはそのようなリストはないのです。

利用上で重要な点はその事故情報、つまりブッラク情報がいつまで登録・管理されるかという点と、金融機関などがその情報をいつまで重視して審査などの判断材料にするか、ということにあります。

個人信用情報機関で管理される事故情報は5~7年ほどは登録されているという話もありますが定かではありません。ただし、自分で自分の信用情報を個人信用情報機関で確認することができるので、過去に事故を起こして心配な人はその情報が残っているか確かめてみるのがよいでしょう。

また、何年も前の事故情報が残っていたとしても、最近の個人の信用状態が改善されておれば、それを重視する金融会社もあります。過去に信用上の事故を犯したらといって永久に信用状態が悪化のままというわけでもないので、現状が良好と思えたら金融会社に利用を申し込んでみてはどうでしょうか。

金融機関ブラックリストに載ったらどうなるの?

金融機関でローンやクレジットカードを契約する際に個人信用情報の審査が行われますが、そこでよく耳にするブラックリストという言葉があります。ブラックリストとはどういうものなのでしょうか、どのようなことからブラックリストに載ってしまうのでしょうか、またブラックリストにのってしまったらどうなるのでしょうか。

ブラックリストという言葉はよく聞きますがブラックリストのようなブラックの人をリストにしたようなものは存在しません。ローンやクレジットカードを契約する際に金融機関で個人信用情報について審査が行われます。この個人信用情報には過去のクレジットカード契約時の情報やローンなどの返済状況などが記載されています。返済遅延が繰り返されたり、滞納が滞りクレジットカードの強制解約などがあると事故情報として記載され。これがブラックという情報となりブラックリストとよく言われていものになります。

ブラックリストに載ってしまったらどうなるのでしょうか。個人信用情報は5年以上消えることはありませんので、少なくとも5年間はクレジットカードの契約ができなかったり、ローンが組めなくなりくなります。しかし金融機関の個人情報としてはブラックな人ということになってしまいますが、それ以外の社会的信用がなくなるとうことではありませんので生活に対して大きな影響はありません。ただクレジットカードを使い慣れている人にとっては不便な生活になるかもしれません。

ブラックな情報が個人情報に載っているかを調べる方法があります。個人の個人信用情報機関であるCICに問い合わせることで個人信用情報の内容を確認することができます。これは本人以外には開示されない情報ですので本人確認の書類を提出することで簡単に見ることができます。ブラックリストに載ってローンが組めない人や心配な人は一度問い合わせしてみるとよいでしょう。

返済遅延などをくれぐれもしないようにしてブラックリストに載らないようにするのが一番ですが、もし載ってしまったら少なくとも5年間はローンが組めません。この間は無理に高価なものを買わずに、金額の高いものを買う時はお金を貯めてから買うなど本来のお金の使い方をしていく良いチャンスだと思いましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 «お気軽に!»障害年金で借りれる金融会社紹介はこちら! All Rights Reserved.