審査の厳しさでカードローンの内容は異なる

キャッシングベスト3

金融会社の審査が厳しいか緩いかでカードローンの内容は異なるか

製造業の会社で最近正社員として働きだした30歳の男性ですが、彼女ができて何かとお金が必要です。できればカードローンを利用したいと思っているのですが、利用を申し込む際に審査があると聞いて少し心配です。どのような審査が行われるのでしょうか。また金融会社によって、審査が厳しいところもあれば、比較的緩いところもあるのでしょうか。

審査は返済能力にかかわる情報の評価で金融会社により厳しさが異なる

カードローンの利用をする場合申し込む際に審査を受けなければなりませんが、その審査は貸し手が借り手に対して返済能力があるかどうかを確認するために行われます。審査の内容は借り手の収入、勤務先や勤続年数などが対象となります。審査基準は金融会社ごとに異なり審査の厳しさはその会社ごとの融資に対する考え方に依存し、まちまちです。消費者金融と銀行系とがよく比較されることがありますが、業界の再編的な動きもあり、どちらが厳しいかなどを断定することは困難です。

カードローン事業を運営する金融会社は貸したお金を返してもらわないと困るので、貸す相手にその返済能力があるかどうかで融資を判断します。その判断の機会が審査であり、主に借り手の信用情報と収入にかかわる情報に基づいて行われます。情報としては、現在の借入額、借入先数、返済の状況や遅延の履歴と、年収、職業、勤務先、勤続年数や家族構成などです。

こうした情報に対して、保証会社や金融会社が重みづけを行い審査基準が策定されます。審査基準の内容、つまり何に重点が置かれるか、ウェイト付されるかはその会社の考え方次第で決まります。例えば、破産経験があるなど過去に信用上の大きな問題を残していても現在の状態が良化していれば審査を通過させるという会社もあります。

また、審査を厳しくすると融資したお金の返済される確率が高まるので、金融会社は借り手に対して良い条件を提示することができます。具体的には、貸出し金利を低率化させたり、利用限度額の幅を広めに設定したりすることです。つまり、低めの金利で多めのお金を貸しても返済される確率が高いため事業として十分成り立つというわけです。

こうした傾向は消費者金融と銀行系の貸出金利を比較すると分かりやすいかもしれません。銀行系に比べ消費者金融の金利や融資限度額のほうが借り手に有利な条件になっていることが少なからず見られます。

審査と提供される商品にこのような特徴があるので、申し込みに際して1社の審査に不合格になったとしても直ちに諦めるのは早計といえ、何社かの申し込みを試して見るべきではないでしょうか。

→→より詳しい情報ならコチラの「アコムで借りるなら.com」がオススメです。

審査の厳しいカードローンもある…でもそれは安心への裏付けなんです

カードローンの審査では厳しいところもあれば緩めのところもあるのは確かなことです。カードローンをすでにご利用されている方ならば納得できる事実なのではないでしょうか?!

そして、一般的な性(さが)として、やはりカードローンの審査が緩めの金融機関にどうしても意識が向いてしまいますよね。カードローンの審査については、一般的に銀行が厳しいと言われている一方で、消費者金融のカードローンは緩めと受け止められているようです。

確かのこの言は、一面では当たっており、また一面では間違っていると思います。それは銀行のカードローンの中でも緩いところがありますし、また消費者金融であっても厳しいところがあるからです。

そして、どの金融機関でも審査の内容を公表していないことから、カードローンの審査が厳しいとか緩いとかは、審査を経験した方々の相対的な体験意識と言ってよいのです。

それゆえ、人によっては審査が厳しいと感じる会社でも他の人にとっては審査が緩いと感じる場合が多々あるのです。しかしながら、口コミ情報などで審査が厳しいと思ってしまうとやっぱり申し込みにしり込みしたりしてしまうのが普通だと思います。

だが、審査が厳しいからと言って、そんなに怯える必要もないのです。なぜなら、カードローンの審査が厳しいのにはきちんとした理由があるからなのです。

たとえば、一般的にカードローンの審査が厳しいと言われている銀行のカードローンには厳しいなりのメリットがちゃんとあるのです。具体的に言えば、「銀行という安心感と信頼感を糧として融資を頼める」といった安心感や信頼感、さらには銀行のネームバリューなどは借手の心情に大きな影響を与えるものとなるのではないでしょうか。

つまり、安心して借りられるといったメリットがあるのです。ふたつめは、銀行ならではの低金利を享受できることです。審査が緩いと言われている消費者金融では銀行並みの低金利を借手にオファーするのは難しいのです。

そして、そこに消費者金融の審査が緩いひとつの理由を感じ取れるのです。また、金利面でのメリットは、多額の融資を受けた場合にも安心だと思いますよ。

つまり、厳しい審査に通ったからこそ有利なメリットを享受して借りられるということなのですよ!審査が厳しい利点をさらに挙げれば、「審査が厳しいから、きちんと借りる計画を立てて借りるようになる」といった意識が心の中に自然と生まれることなのです。

それは使い過ぎて金融ブラックにならないための防波堤と考えられるのです。そして、きちんと考えて借りるから長くカードローンを利用できることにもなると思いますよ。

加えて、銀行の融資上限額では高いところで800万円くらいのものもあって、消費者金融の高いところでも500万円くらいですから、審査の厳しい銀行のカードローンに通ればそのような融資枠のメリットも享受できるのです。

このように単に審査が厳しい、緩いだけで選ぶのはやや軽率な面があると言うことなのです。「厳しい審査には厳しいなりの訳があり、緩いのには緩いなりの事情がある」ことをしっかり理解できれば、審査の厳しいカードローンのだってもう怖くはありませんよね!!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 «お気軽に!»障害年金で借りれる金融会社紹介はこちら! All Rights Reserved.